全部おまかせコース|電子定款作成(旧 日本電子定款作成センター)

会社設立・経営サポートセンター【全国対応】

会社設立に向けてのサポート
設立後サポート
会社設立TOP電子定款作成全部おまかせコース

全部おまかせコース

全部おまかせコース(東京限定)最短4営業日 19,600円(税別)


 
 

内容

弊社スタッフが公証役場に出向き、認証をうけるコースです。 
電子定款を当事務所が作成から認証作業まで代行いたしますので、お客さまは公証役場に行く必要がございません。
 
こちらのコースは定款以外の登記申請に必要な書類の作成や法務局への登記申請はお客さま自身が行います。
登記申請に必要となる手続については当社HP(「自分でできる会社設立」)にてご案内しておりますので、そちらをご覧ください。
 
※「自分でできる会社設立」についてのご質問やお問い合わせには、申し訳ありませんが対応することができません。
 
書類作成についてご不安な方、もっと時間を短縮したい方は
定款作成から登記申請までをフルサポートする「こちらの会社設立サービス」をご覧ください。
 

対象

本店が東京都の会社様限定(神奈川・埼玉・千葉県について、弊社スタッフが公証役場へ行く事を希望される場合は、会社設立サービスをご検討下さい)
最短4営業日で認証可能
発起人ご本人の他、税理士・会計士・行政書士・司法書士・弁護士である代理人の方からもお申込みいただけます    
 

費用 

19,600円 (税込21,168円)
電子定款のみで印鑑は不要という方は16,800円(税込18,144円)

公証人手数料として、別途52,000円をお預かりいたします
 

ご用意していただくもの 

・定款(下記step2をご確認ください)
・発起人全員の印鑑証明書(法人の場合は、印鑑証明書に加えて登記事項証明書も必要)
・発起人全員のご実印
・お申込される方の本人確認書類(免許証等)
 
会社の代表印は料金に含まれています!

電子定款の認証時には必要はありませんが、会社設立申請時には法務局に会社の印鑑を印鑑登録しなければなりません。そのため、法務局の規定に適合した会社の印鑑を前もってご用意いただく必要があります。弊社では、お客さまに余計なお手数をおかけしないよう、標準料金の中に電子定款作成だけでなく、印鑑3本とケースのセットを含める形でご用意、お客さまに安心感と便利さをご提供いたします。

なお、既に印鑑を準備している等の理由で印鑑セットが不要な方は、お申し込みフォームで「印鑑なし」を選択してお申込み下さい。

>>>印鑑セットの詳しい内容はこちら

お申し込みから完了までの流れ (お客様…お客様、・トラスティルスタッフ…弊社)

 

step1 お客様電子定款ひな型のダウンロード

事前準備「電子定款のひな型」のページから、設立されるタイプに応じた株式会社の定款をダウンロード
 
↓

step2 事前準備お客様お客さまによる電子定款の作成

定款は埋め込み式になっております。『青字』の部分を貴社の内容に合わせて入力、完成させて下さい。
 
ご注意
弊社で用意した定款のひな型に変更を加えたもの、お客さまご自身が作成した定款で認証を受けることも可能です。
ただし、この場合、弊社においても目は通させていただき、公証人の指摘に従い、不備の修正なども行ってはおりますが、その正確性をお約束するものではございません。内容の正確性はお客さまご自身の責任において万全が期されているものとして取り扱っておりますので、予めご了承の上でお申し込み下さいますようお願い申し上げます。
 
  • 当事務所のひな型を用いない、現物出資を行う、発起人が法人の場合等は、お手数ですがお申込みの前に必ず公証人の確認を受けて下さい。
    公証人への確認方法はこちら
 
↓

step3 お客様お申込み

専用申込フォームから申し込み下さい。                           
  1. 申込フォームの「添付ファイル」で、作成した電子定款(WORDファイル)を選択して下さい。                                                  
  2. お申し込みが完了しますと、弊社からのメールが自動送信されますので、ご確認ください。
 
↓

step4 お客様印鑑証明書等をFAX

下記の物を弊社へFAXまたはメールでお送りください。
送信FAX番号 03-6893-3318
メールの場合はこちら
 
①発起人全員の印鑑証明書(法人の場合は加えて登記事項証明書も)
②お申込される方の本人確認書類(法人の場合はご担当者)
 
  • 個人の場合には、お申込みフォームに入力した住所が記載された「運転免許証・健康保険証・パスポートその他官公庁発行書類で氏名、住居、生年月日の記載のあるもの」をFAXしてください。
  • 法人の場合には、公証役場に行く担当者の方のものをお願いいたします。
 
税理士・会計士・行政書士・司法書士・弁護士である代理人の方からのお申込みの場合
③本人確認援用書類→こちらからダウンロード、プリントアウトの上、記入捺印下さい。
 

↓

step5 お客様費用を弊社の口座へお振込

費用71,600円(税込73,168円)
電子定款のみで印鑑は不要という方は68,800円(税込70,144円)
 
  • 弊社費用と公証人手数料52,000円を合わせまして
銀行名:ジャパンネット銀行(銀行コード0033)
支店名:本店営業部
口座種別番号:普通 3259982
名義人:株式会社トラスティルグループ会社設立経営サポートセンター
フリガナ:カ)トラスティルグループカイシヤセツリツケイエイサポートセンター
↓

step6 トラスティルスタッフ受付完了のメール送信

step3からstep5を確認でき次第、
受付完了メールをお送り致します。(毎日15時時点を基準)
↓

step7 トラスティルスタッフお客様弊社から委任状をお客さまに送付とお客様からのご返信

定款内容について公証役場との打ち合わせを済ませ、受付完了から2営業日以内に委任状を弊社よりお客さまへ発送いたします。同封のご説明書に従って、発起人様全員の押印をいただいた上、全員分の印鑑証明書とともに返信用封筒に入れ、ご返送下さい。
税理士・会計士・行政書士・司法書士・弁護士である代理人の方からのお申込みの場合は、本人確認援用書類の原本も同封下さい。
弊社に到着し、内容が確認でき次第、認証予定日をご連絡いたします。(場合により、到着後直ちに認証を受けるため、予定日ではなく、「認証完了のお知らせ」になることもございます)
 
公証役場における定款認証予定日について
お客さまから委任状等が返送され、当事務所に到着した営業日を基準に、当日または翌営業日に公証人の認証を受け、発送を行っております。
   
  • 押印や必要書類等に不備があった場合は、遅れが生じることもございます。
↓

step8 トラスティルスタッフ弊社スタッフが公証役場での認証作業代行

弊社にてお送りいただいた定款に電子署名をし、必要な書類一式を公証役場に持参して、定款認証を受けます。
 

↓

step9 トラスティルスタッフ認証をうけた電子定款の発送

定款認証が終わりましたら、CDに入った電子定款と紙の定款謄本2部を公証人から受け取り、弊社からお客さまあてにお送りいたします。
紙の定款謄本のうち1部を設立登記の際に法務局へ提出し、残りの1部は、役所や銀行から紙の原始定款の提示を求められる場合に備えて保存なさって下さい。
 
 

【認証後、お客さまに準備していただくもの pencil】 

 
① 資本金を入金するための銀行口座
資本金を入金する発起人様名義の銀行口座が必要となります。
 
② 登記申請書類
設立される会社の内容によってお作りいただく書類が異なります。ご注意ください。
<書類の作り方がわからない!登記申請まで依頼したい方はこちら
 
お問い合わせはこちら

当社にまかせると法定費用が40,000円安くなる!
今なら39円で会社設立できるサンキューキャンペーン実施中
よくあるご質問
特定商取引法に基づく表示
運営者情報
法律サービスであなたのチカラに!
対応エリアは全国です!

日本全国よりご依頼いただき、2000件超の実績があります!
過去に依頼実績がある地域はこちら
【北海道地方】北海道
【東北地方】青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県
【関東地方】茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県
【中部地方】新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県
【近畿地方】三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県
【中国地方】鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県
【四国地方】徳島県,香川県,愛媛県,高知県
【九州地方】福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県
【沖縄地方】沖縄県

おかげさまで全都道府県からの依頼を受けることができました。